• sass

    Compassコンパイル時の引数

    2012/07/31

    Compassのコマンドに指定できる引数の紹介。

    compass.png

    
    $ compass watch
    
    

    
    $ compass compile
    
    

    で、自動監視や出力を行いますが、その際に引数を設定することができます。

     

    設定できる引数はこれで確認できます。

    
    $ compass help watch
    
    

     


    時間

    
    $ compass watch --time
    
    

    ⇒コンパイル時に、コンパイルにかかった時間が表示されます。 (まだ使い道がわかりません)

     

    強制出力

    
    $ compass compile --force
    
    

    ⇒scssファイルに変更がない場合も、強制的にcssファイルを再出力します。

     

    設定ファイルの指定

    
    $ compass watch -c 設定ファイル
    
    

    ⇒任意の設定ファイルを指定します。設定ファイルの拡張子は.rbです。

     

    開発環境用と本番環境用に切り替える

    
    $ compass watch -e development
    
    

    ⇒開発環境用に出力されます。(デフォルトでは、コメント付きのexpanded形式でcssが出力されます。)

     

    
    $ compass watch -e production
    
    

    ⇒製品用、つまり本番環境用に出力されます。(デフォルトでは、compressed形式でcssが出力されます。)

     

    ※これは設定ファイルconfig.rbで任意の形式に設定することができます。(参考:【Sass】Compass設定ファイル(config.rb)

     

    出力形式

    
    $ compass watch -s nested, expanded, compact, compressed
    
    

    ⇒出力形式を選択できます。(出力形式

     

    ヘルプ

    
    $ compass -?
    
    

    ⇒Compassのhelpが表示されます。

     

    タグ:Compass , Sass

この記事へのコメント

コメントを送る

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください

back